中間検査を受けました。

こんにちは、タチミエです!

先日、中間検査を受けまして、そろそろ検査が降りると思います。

中間検査とは、建築の途中で行う検査です。
建築確認は、建物が完成した後に検査をするのですが、全部できてしまった後だと建物の内部や構造がどうなっているのか検査できない箇所が出てきます。
そのため、建築途中の一定の工程が終わった時点でも検査をするのです。

第三者機関が現地に来て、検査をしました。
設計士さんが立ち会って、「こういう地盤改良をして、こういう建物が建ってます。ここまでできてます」ということを説明しながら検査を受けました。

中間検査を受けたということは、上棟が済んだということになります。
建設会社に建物の建築費を払うタイミングがありまして、上棟時には中間金を払います。
建設会社によって異なるのですが、今回の私たちの場合は、契約時に着手金(約100万円)、着工時に3分の1、中間金3分の1、引き渡し(最終決済)3分の1です。

私がこのブログを書いてます

TJP_180profile

はたらくおうちの営業担当、「たちみえ」こと達美恵子。
お客様の賃貸併用住宅購入を、手取り足取りサポートさせていただいています!

私の自己紹介は こちら です!