めぐり合った、びっくりするような物件。けれどそれは、ドタバタの始まりだった…!?

こんにちは! はたらくおうちの「たちみえ」です!

めぐり合ってびっくりした京急蒲田駅近くの物件ですが、価格が安い理由がない訳ではありませんでした。
それは、「間口の狭さ」です。

間口(まぐち)とは、その土地が道路(公道もしくは位置指定道路)に面している部分の長さを言います。この物件は、私道(位置指定道路)の突き当たりにあるのですが、写真をご覧ください。

私道の突き当たりの左側が物件。

このような間口でして、1m37cmしかないのです…

土地に建物を建てるには、4m以上の幅のある道路に、2m以上接していることが条件になります(「接道義務」と言います)。
この物件は間口が2m以下ですので、最初「建てられないんじゃない?」(再建築不可物件だという意味)などと、社内で話していたのです。

ところが大田区役所に確認してみたところ、特殊な理由で建築できるということだったのです!

※接道条件の詳しい説明は、こちらをご覧ください。(会員様限定記事です)
土地選びについて-土地選びで、絶対必要な条件とは?

 

ということで現状は間口1m37cmでも建てられることがわかった訳なのですが、この間口によって、いろいろなことが起きて行きます。それはまた後日…

私がこのブログを書いてます

TJP_180profile

はたらくおうちの営業担当、「たちみえ」こと達美恵子。
お客様の賃貸併用住宅購入を、手取り足取りサポートさせていただいています!

私の自己紹介は こちら です!