自由に動かせるお金が、最低500万円は要る!

こんにちは! たちみえです。

前回で手持ちの資金のお話をしましたので、その続きを。

設備などで最初の見込みよりもお金がかかることは前回お話した通りなのですが、実際に住んで、入居者も入って家賃が入ってくるようになるまでに、色々とお金が要りようになるのです。

例えば土地は先行決済(土地を先に購入すること)しましたが、そのために3月からはもう、土地を購入するために受けた融資の金利を払って行くことになりました。

それが、月に8万円(銀行によって異なります)です!(元金ではありません! 金利だけです)

それに加え、今住んでいる賃貸の物件の家賃も当然払いますので、月々の生活費がギリギリでやっていて、貯金もないようですと、ここで回らなくなってしまうのです。

不動産のチラシで「自己資金ゼロで買える」なんていうことを書いてあるのを見ることがありますが、それは建売住宅などだからできるお話なのですよね…

また、土地の登記料や、手付金なども発生します。

このようにかかるお金を考え合わせて行くと、最低でも「手元資金で500万円は自由に動かせる」という方でないと、賃貸併用住宅は難しいかもしれません。
1億円の物件でしたら諸経費が700万円はかかります。

こういったことで、賃貸併用住宅を購入するには現実問題として、とにかく手元のお金が必要になります。
そのため私が営業の立場で、購入をご希望になるお客様とお話をさせていただく時は、「いま、動かせるお金はお幾らぐらいありますか?」と、必ずお聴きするようにしています。

少々踏み込んだことをお聴きしてしまうのですが、これをうかがっておかないと、後々で困ったことになってしまいますので、どうぞお許しくださいね。

でもこのように自分で賃貸併用住宅を購入してみたことで、実際にどれだけのお金がかかって、そして、それを支払って行くことがどれだけたいへんなことかを、身に沁みて体験することができました。

この経験は、これから賃貸併用住宅を購入なさるお客様にも、ぜひともお伝えし、お役に立てるようにして行きたいと思っています。

私がこのブログを書いてます

TJP_180profile

はたらくおうちの営業担当、「たちみえ」こと達美恵子。
お客様の賃貸併用住宅購入を、手取り足取りサポートさせていただいています!

私の自己紹介は こちら です!