【恐怖!】地盤調査の結果

こんにちは! たちみえです。

地盤調査をしてみたところ、

私たちの土地は、地盤が弱いことがわかりました。

 

調査結果によると、地下2~3mのところが弱かったのです。

この結果ですと、地盤改良をしないと、地盤保証がされません(泣

地盤調査会社の調査でこのような結果が出てしまったら、改良せざるを得ないのです。
そして地盤改良費用は、自腹です。(大泣

 

地盤調査は、普通は3ポイントくらいに杭を打てば結果が出ます。
それで「改良が必要」という結果が出てしまったので、私から調査会社さんに無理を言いまして、さらに何ポイントも打ってもらいました。

どこかで大丈夫な結果が出ないかなと、はかない希望を持って。

それでも、何ヶ所やっても同じ結果でした(号泣

 

「そういうのって、土地を買う前にはわからないの?」とお思いの方もいらっしゃるかと思いますので、補足説明をしますと、買う前にはわからないのです。

 

地盤の良し悪しは、地盤調査をして初めてわかります。
そして地盤調査は、基本、購入した人(買主)がやるものなのです。
(分譲住宅(建売住宅)の場合は、建売を建てる業者がやるのですけどね)

地盤改良済みの土地というものもあるのですが、大体の場合は買主が行います。

 

ですので、私が仕事でお客様と賃貸併用住宅用の土地物件のお話をする時は、「地盤調査は買ってからでないとできません。そして地盤改良費は、かかるかもしれないし、かからないかもしれません」と、最初にお伝えしています。

 

例えば、先日販売させていただいた大田区の矢口渡駅近くの物件では、地盤調査して問題がありませんでしたので、そのまま建物を建てました。

一方、同じく先日販売した世田谷区の祖師谷の物件では、調査したら地下数mになんと水脈が通っていました!
そのため地盤改良が必要になり、地盤改良費は180万円が必要になりました。

 

地盤改良費は住宅ローンには組み込めなくて、持ち出しで支払うことが必要になります。
そのため私はお客様には「余分に見ておいてください」と、必ずお伝えしているのです。

運よく地盤改良費がかからなければ、そのために見ていたお金を、建物のオプションか何かに回せばよいことですので…

 

ということで、地盤調査に関しては私自身が「大当たり」に当たってしまいました。(涙

そして地盤改良をする段になって、「この土地が安かった理由」が、襲い掛かってきます…

私がこのブログを書いてます

TJP_180profile

はたらくおうちの営業担当、「たちみえ」こと達美恵子。
お客様の賃貸併用住宅購入を、手取り足取りサポートさせていただいています!

私の自己紹介は こちら です!