助成金を使わせてもらうのは、楽じゃない!(涙

助成金を使うために古家の解体を自分たちで行うことにしたお話をしましたので、それと関連して助成金のお話を。

助成金を使わせていただくというのはつまり、「税金の一部を使わせていただく」ということですので、様々なことがすべて規定通りになっていなくてはならず、たいへんです。(汗
正直申し上げて、助成金のために区役所の防災管理課に、既に6回も行っています。(汗

 

解体に関連することだけでも、解体費の見積書や、解体業者の免許番号、解体請負契約書のコピー、さらには、どのように解体を進めて行くかの計画書など、提出するものがたくさんあります。

また、写真も必要で、「ここを撮ってください」「こう撮ってください」という指示があります。

それらを段階ごとに提出して、この承認が降りたから次の作業を進め、また次の承認が降りる。その繰り返しですので、何度も足を運ばないとならないのです。

そして書類は、すべて役所が指定する書式になっていないといけません。

助成金の申請書類を代行して作ってくれる解体業者さんもあるのですが、やはりそういうところですと、それなりにお高いのですよね・・・

 

大田区指定の解体業者さんというのもあって、そのようなところにお願いすれば、どういう書類が必要かを全部わかっていらっしゃいます。
けれど、解体業の免許をきちんと持っているところであれば大丈夫ですので、指定業者さんを使わなくてはいけない訳でもないのです。

なので、お安く解体をしていただけるところを一生懸命探し、結局、当社でいつもお願いしている解体業者さんにお願いしました。

私がこのブログを書いてます

TJP_180profile

はたらくおうちの営業担当、「たちみえ」こと達美恵子。
お客様の賃貸併用住宅購入を、手取り足取りサポートさせていただいています!

私の自己紹介は こちら です!